ゆーかりの読書帖

ちょっと役立つ雑学を、実践できる形でお贈りします(っ'-')╮ =͟͟͞͞🎁

シンプルに考えて料理する

おはようございます!ゆーかりです。

 

インプットしたことはアウトプット&実践して身に着けるべし!

ということで、今回は実践編です。

 

アウトプットはコチラ↓

yukashi-r.hatenablog.com

概要

今日はエヌケンさんの「捨てればいいってもんじゃない」の、

以下の言葉について深堀してみます。

料理をする時には、まず、段取りを考えて、その通りに進めますよね?

材料を揃える、野菜を切る、肉を焼く、盛り付ける

(え…っ?私、段取りとか考えてない…

 皆さん、段取りを考えてやっていますか…?)

ということで、最近は段取りを意識して料理をするようにしています。

 

シンプリストの料理法を実践すると、自分にどんな変化が起きるだろう?

 

シンプリストの料理法を実践!

結果をご報告します。

「段取りを意識して料理」したところ、

「シンプルに考える」ことを体感することができました!

 

今までは、スマホでレシピを見ながら、全ての手順を同時進行で行っていました。

 ①材料1を切ったあと、次に切るべき材料2を冷蔵庫から取り出す。

 ②切った材料と調味料を混ぜる。

 ③混ぜたものを焼きながら、次の材料を切る。

 ④切った材料に調味料を混ぜ、ついでにさっき使った調理器具を洗う

 

並行作業でやった方が、短時間で出来て良いよね…?

と思って。

 

今は、この考えを見直しています。

 

一つ一つ、区切り(=ゴール)を作って作業した方が、

頭を使わずに料理が作れて、スムーズにゴールにたどり着ける

 

先ほどの手順を見直すと、こうなります。

 ①切るべき材料を、冷蔵庫からすべて取り出す。

 ②切る

 ③使う調味料を、冷蔵庫と棚からすべて取り出す。

 ④混ぜる

 ⑤焼く

 ⑥次に切るべき材料を取り出す

 

手順①のときに考えることは、「必要な材料を出す」だけ。

(これがシンプルに考えるということかもしれない…?)

 

ゴールにたどりつくまでのチェックポイント(要所)を明確に設定し、

必要な手順を淡々とこなしていく。


なかなか気持ちが良いので、引き続き料理の段取りを意識して生活したいと思います!

(今日のお昼は何にしようかな…)

捨てればいいってもんじゃない 暮らしと生き方を簡素化して人生が変わった僕のシンプリストライフ [ エヌケン ]

価格:1,430円
(2021/1/14 08:58時点)
感想(0件)

 

断捨離するときに知ってほしい、自分軸

f:id:yukashi_r:20210112085408j:plain

 こんにちは、ゆーかりです!

 

ミニマリストシンプルな生活について学ぶため、

エヌケンさんの「捨てればいいってもんじゃない」を読みました。

 

今日はこちらを紹介します。

概要

本書の著者であるエヌケンさんはシンプリストです。

 

Q. (ミニマリストについて調べようとしたけど、シンプリストってもしや別物…?)

  シンプリストとミニマリストって何が違うんだろう?

 

A. 本書では、シンプリストついて以下のように定義されています。

ものの数に関係なく、暮らしの要素を単純化して、効率の良い統一感のあるライフスタイルを目指す人々

また、シンプリストのライフスタイルについて以下のように定義されています。

極限まで削ぎ落とした生活に、自分の好きなものをプラスして、効率的かつ快適な暮らしを実現する。

つまり、ミニマリストとシンプリストの差異は、

 ミニマリスト生活必需品しか持ってない

 シンプリスト生活必需品以外も持っている

という点で、大きく異なっているようです。 

 

ミニマリストであれば、「捨てるか悩むもの」の大半は捨てることが可能です。

なぜなら、「捨てるか悩めるもの」は生活必需品ではありません。

ということで、ミニマリストになるのは(恐らく)簡単で、

迷ったものはすべて捨てればいいのです。

 

ただ、シンプリストは違います。

自分の好きなものと、自分の生活を快適にしてくれる物も取り入れます。

自分にとって重要なことを考えて、取捨選択しなくてはなりません。

 

無駄なものはない。

でも、快適で、好きなものに満たされている生活。

(これ、私の理想のライフスタイルだ…!!!)

 

本書は、このライフスタイルを作る方法を教えてくれます。

取り入れたいこと厳選3選

①自分軸を明確にする

シンプリストのライフスタイルを実現するには、

まず自分の大切にしたいもの(=自分軸)を明確にする必要があります。

 

自分軸とはどういうものか、本書から説明を引用させていただきます。

自分軸というのは、(中略)もっとも大切にしたい考え方や指針のこと。

 

私が今、もっとも大切にしている指針(自分軸)は

パートナーとの思い出作りをするためにお金を使い、

 健康的な食事を摂り、

 掃除のしやすい家で、

 カジュアル×シンプル×キレイ目なファッションで、

 身軽に生きること

です。(長い…!)

 

長い、のですが、

「①お金の使い道」と「②お金を使いやすい衣食住の軸」を自分軸に加えることで、

購入時に悩みにくくなりそうなのでまとめました。

優先順位の高いものを、上から並べています。

※ちなみに、この結論に辿り着くまでノートと小一時間にらめっこしています

 

自分軸が明らかになったので、さっそく生活に生かします!

 

①このゆるっとしたジーンズめっちゃ良い、欲しい!

 →パートナーとの思い出作りと関係ない

  &カジュアルだけどキレイめじゃない

  &これを買ったら持ち物が増えて身軽じゃなくなる

 →買わない!

 

②キャベツピーラー便利そう、欲しい!

 →持ち物が増えて身軽じゃなくなる

 →けどキャベツの千切りを食べることで食物繊維の摂取量が増えて健康になる

 →健康の方が上なので優先!

 →買う。

 

ちなみに、最近キャベツピーラーを買いました。

【キャベツピーラースーパーライト】・ 宅配便対象・ 送料無料・ 9/2放送 テレビ朝日 「 家事ヤロウ!!! 」 紹介商品 浜名ランチさん・ 調理器具 料理 キッチングッズ 千切り ふわふわ 便利グッズ 便利 一人暮らし 人気 プレゼント 実用的 時短

価格:1,100円
(2021/1/12 17:00時点)
感想(55件)

お昼と夜ご飯に、ほぼいつも千切りキャベツにマヨネーズとポン酢をかけて食べています。

夫婦共働きのため料理の時間が取りづらく、食物繊維が不足しがちだったのですが、

これのおかげでQOL爆上がりです…!

チャレンジ要素強めのお買い物でしたが、ひとまず成功です。

 

とはいえ自分軸に従って買ったとしても失敗することがゼロになる訳ではないので、

時々持ち物検査をしたいと思います…。笑

 

スマホに自分軸をメモしておき、買い物前などに確認しておくと良さそうです!

②物欲が発生したら、断捨離する

著者は「今はもう満たされているため、物欲が発生することはない」そうですが、

物欲があった時に行っていた対策が8点ほど紹介されています。

中でも、最強だったのは

不要なものを捨てる

だったそうです。

断捨離することで、自分にとって本当に必要か考えることができるようになり、

冷静に判断できるようになるそうです。

 

今の自分の持ち物が自分軸を満たしているかの再検討もできるので、

積極的に取り入れたいと思っています。

③シンプルに考える

私は、悩んだり、迷ったりすることが多いです。 

「パートナー、今日の夕飯の気分はどっちかな?」

「今日着る服は、どっちの方が良いだろう?」

「筋トレしたいけど、コタツから出るのめんどうだなあ…」

などなど…

 

本書から、喝!

シンプルに考えられない=物事を深く考えすぎてしまうのは、

考えた結果、自分がどうなりたいかが想定出来ていない場合が多い

ぐうの音も、出ません…

結局のところ、自分がどうなりたいか=自分のゴール設定が重要です。

 

著者がシンプリストを薦める理由は、

「自分軸」が身に付き、説明する力や意思決定する力が養われ、ロジカルな考え方ができるようになったから

とのことです。

 

今回、私は自分軸を見つけるために、過去を振り返りました。

「楽しかったこと」

「後悔したこと」

「成功・失敗したこと」

また、

「今の私に必要なもの」

「将来、こうありたい姿」

についても考えました。

 

以前より、自分の持ち物について明確に語れるようになった気がします。

 

自分のありたい姿をイメージすると、明確な意思決定ができるようになる

 =シンプルな意思決定ができるようになる

 

…自分のありたい姿について考えたのですが、

具体的に想像できなかったので、ちょっと宿題にさせてください…

(うまくまとまらなくて悲しい)

まとめ

以上、「捨てればいいってもんじゃない」について紹介させて頂きました。

シンプリストと意思決定、奥が深いです…!

 

本書では、シンプルな生活を送るための以下のことを教えてくれます。

 ・自分軸で考えるために必要なこと

 ・「減らす」と「捨てる」は別物であること

 ・ものとの付き合い方

 ・暮らしをルーティン化することのメリット

 ・すっきり部屋をキープする方法

また、著者自身が行っている

 ・シンプルな思考と問題解決力

についても書かれています。

 

ミニマリストになりたいけど、リバウンドしてしまった…」

「断捨離が上手くいかないのは何でだろう…?」

 

そんな風に悩んでいる方におすすめです。

シンプリストの考え方が、手助けしてくれると思います!

 

捨てればいいってもんじゃない 暮らしと生き方を簡素化して人生が変わった僕のシンプリストライフ [ エヌケン ]

価格:1,430円
(2021/1/12 18:23時点)

 

最後に、著者であるエヌケンさんのインスタを貼らせて頂きます。

www.instagram.com

素敵だ…(感嘆)

 

 

身に着けておきたい、お金の知識

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

こんにちは、ゆーかりです!

 

貯金投資について学ぶため、

橘 玲さんの「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」を読みました。

今日はこちらを紹介します。

概要

こちらの本には、

「お金持ちになりたーい!」

という大きな夢のある人から、

「できればもうちょっと豊かに暮らしたい」

 という控えめな人まで、

お金を増やしたい方に役に立つ、とっても大切な知識が書かれています。

 

これからの時代は「知識社会」です。

知識社会については、本書から以下のように読み取れます。

必要な情報を的確に入手し、それを活用する知識を有している人が有利な社会

 

Q. 知識社会って、具体的にはどういうもの…?

A. 本書では2002年、FIFAワールドカップについて挙げられています。

  ①2002年の日韓共同開催のFIFAワールドカップでは、

   一般販売のチケットは希少で、売り切れ状態。

  ②しかし、実は「国内販売分は売り切れ」だったが「海外販売分は余りがあった」

  ③これを知っている一部の人は、オークションを使うことなく、

   海外を経由することで適切な価格でチケットを購入できた◎

 このように、ある情報(海外販売分は余りがあった)を知っていた人は、

 最小限の労力で目標を達成することが出来た…というエピソードです。

 

そして、この本は【お金にまつわる重要な情報】を教えてくれます。 

世界にひとつしかない金持ちの方程式

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

(※本書から引用)

資産形成…持っているお金を増やすには、どうしたら良いか?

について、上記の式からシンプルに考えることができます。

持っているお金を増やす方法としては、

収入を増やす & 支出を減らす & 資産を増す & 運用利回りを増やす】。

これらがあるようです。

 

覚えておきたいこと厳選3選

本書では、お金を増やす知識がたくさん記載されています。

前半は個人ができる方法、後半は会社から独立することによって得られる多大な節税効果が書かれていました。

 

ここでは、企業に勤めたままお金を増やす方法のうち、

私が取り入れようと決めた3つについてお話します!

 

 ①自己投資と健康が大切な理由

自分の年収を300万と仮定します。

保有資産で年間300万の利益を出すにはどれくらい必要かというと…

市中金利1%(年間で1%の利益が発生する)とした場合、3億円分の資産が必要になります。

つまり、ざっくり言うと、自分という資産には3億円の価値があります。(!)

健康、大切にしたいですね…!

 

年収が増える自己投資をする=自分という資産価値が高まるので、

3億円の資産が貯まるまでは自己投資の方が効率が高いようです。

 

自己投資としては、

・月収が上がるような資格を取る 

・英語力やロジカルシンキング能力、目上の人に気に入られる能力を鍛えて、

 自分の求められる場所を増やしていく

などが考えられます。

 

ちなみに、「自分への投資が大切」と反するようですが、

他人への投資(投資信託)も大切です。

(※他人への投資も重要な理由については、文字数の都合で省略します。

  気になる方は本書をお読みくださいませ…)

 ②投資信託するならどこがいい?

答え:「インデックスファンド」または「国債」が、最も効率的。

ノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・トービンさんより)

 

さらに細かく分類すると、

 ・ハイリスク・ハイリターンを望む場合:インデックスファンド

 ・リスクを取りたくない場合:国債

になるようです。

インデックスファンドはローリスク・ローリターンのイメージだったのですが、実は違うことに驚きです…!

 

最近はビットコインの株価の増減が騒がれていますが、

私は企業勤めのため株式の増減を見張ることができないので、

「インデックスファンド」と「国債」の両方にまとめて投資のできる「世界経済インデックスファンド」に投資をしています。

site0.sbisec.co.jp

 ↑SBI証券の方は上記から購入することも可能です。

 ③持ち家 or 賃貸、どっちがお得?

答え:恐らく賃貸。

 ポイント:今後の日本では、地価、物件価格が上がることはない(一部除く)

自分にとって家とは思い出であって、帰ってくる場所であって、大切なもの!

…という視点を一旦置いておくと、

持ち家=不動産であり、資産です。

資産には価値があり、時の流れによって価値は上がったり・下がったります。

 

今後の日本では人口が減少するため、恐らく地価が上がるところはそう多くはないでしょう。

つまるところ、持ち家の資産はこれから下がっていきます。

株式を買うとき、株価が下がると知っているのに、その株式を買いますか…?

 

今、新築で家を購入するより、その余剰金を投資に回しておき、

 ①転職、転勤による引っ越しに柔軟に対応できるようにしておく

 ②自然災害によるリスクを最小限にしておく

こちらを重視したいと思うので、私はしばらく賃貸にしよう!と結論付けました。

 

また、賃貸のデメリットとして「家賃が勿体ない」が挙げられますが、

家賃を払うことで、持ち家のリスクを負わないようにする方が私にとっては安心感があって合っているかな、と思いました。

 

まとめ

以上、「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」について紹介させていただきました。

内容が濃い…!

 

他にも

「どこから支出を減らしていくのが良い?」

「生命保険ってお得なの?」

「年金、どうなるねん…」

というようなお金の質問から、

法人税について知りたい!」

というような本格的にお金を稼ぎたい人向けの質問にも答えてくれる内容が記載されています。

 

2002年発行の本書ですが、まだまだ現役です。

お金についてちょっと専門的な勉強をしたい方におすすめです!

 

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方新版 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫) [ 橘玲 ]

価格:715円
(2021/1/11 21:48時点)
感想(7件)

 

ごあいさつ

初めまして、ゆーかりです。

 

私は読書が好きです。

 

その記憶は古く、小学生の頃に「テイルズオブシンフォニア」のライトノベルを友達に借りたことから始まります…

 

(中略)(「キノの旅」好きでした)

 

最近は物語より実用的な書籍ばかり読んでいますが、

基本的に読書が好きなのは昔から一緒です。

 

ここでは、私が読んだ本と、

実際に私が取り入れようと思ったことを発信したいと思います。

ちなみに、最近のブームは「貯金」「投資」「ミニマリスト」です。 

 

みなさまの世界がちょっと便利になったり、

広がったりするような知識を発信していくのが目標です。

 

未熟者ですが、どうぞよろしくお願いします!